推しのいる世界

よくわからない事を文字を使って羅列してる不毛なブログです。基本独り言のようなものです。ぶっちゃけ話が多いんで不快になる可能性あるかもしれません…

彼女達を好きになった

この話をする上で少し時間を巻き戻さなくちゃいけない…

 

僕が学生を続けながらお仕事もしているにはなりたかったものがあるから

 

僕は幼い頃から「ポンキッキーズ

や「天才てれびくん」、「大好き!五つ子」が好きだった。

 

そしてある時フジテレビに遊びに行った時

当時Jr.だった藪くん出会った。

 

テレビの中のお兄さんだと思ってたけど

実際会ってみたらすごく優しくて、良いお兄ちゃんだ!って感じだった。

それと藪くんが活動している姿を見たとき、すごくキラキラしてて

僕もこんな風になりたいって思えた

 

だから、ダンスも当時、親に無理やり始めさせられたけど

僕はダンスなども武器にして頑張りたいって思えたんだ…

 

僕はあの時出会った藪くんみたいにとは言えないけど

何者かになりたくてこのお仕事を始めました

 

始めたあと期待を膨らましすぎて

途中嫌になった時もあったけど

そして、出会ったのが彼女達だ…

 

少し話は変わるが

彼女達に出会うまで僕はアイドルに殆ど興味がなかった…

 

前に関わったことがある人とかの事は何かの縁だと思って応援してたことは沢山あったけど

 

純粋に関わった事なくて

ファンとして応援したいって思えたのは彼女たちが初だ…

 

そういう意味では推しができるのは彼女達が初ではない…

 

では、何故関わった事ない彼女達に僕は惹かれたのか?

 

それは彼女達が今まさに何者かになろうとしているからだ‼️

 

彼女達は紆余曲折あって今の場所を得ようとしている…

 

それは僕が経験してこなかった内容ばかりだと思うし、気持ちが100%わかるなんてエゴだから言わない

 

だから、完全に理解はできない

 

でも、1つだけ言えるのは彼女達は今を精一杯生きている

 

子供は大人になれるけど、大人は子供に戻れない

時間が前に進む事はあっても、戻る事はない

だからこそ、精一杯生きる

 

そんな姿に何処か僕があこがれを抱いた当時Jr.でYa-Ya-yahだった藪くんが放っていたキラキラと凄く似ているものがある

僕が目指したものに凄く似てる

 

だから僕は彼女達を好きになった

 

不完全だからとか完璧だからかわいいからだけで推すのではなく

彼女達が何かになろうとしているその過程や姿勢が僕の推す理由

 

誰が見ているかわからないブログに

こんな駄文に

今日も付き合ってくれてありがとうございます😊

 

narrative

narrative